【BOSS ODー3】王道なのに地味過ぎ!?他のモデルとの違いもまとめました

エフェクターレビュー

数あるBOSSのオーバードライブの中でも最も影の薄い存在ODー3※主観強め

人気No. 1 定番のゲインブースターSD-1

邦楽ロック御用達 ピッキングニュアンスのBD-2

先進技術の結晶 モダンオーバードライブOD-1X

と、他機種の方がキャラクターがはっきりと認知されているのに対し
OD-3はというとあまり目立てていない。
レビューの件数も実はこの中では一番少ない

が、これも定番オーバードライブ

定番ということは選ばれているという実績があり

一周回ってこれが一番良いという声も少なくない。

では、一体どの辺が良くて他のモデルと比べてどうなの?
ってところも含めて解説します。

BOSS OD-3とは

1997年発売のオーバードライブペダル

存在感のある太い低域と美しい倍音を備えたthe王道オーバードライブ

BOSSの現行アナログオーバードライブの中では末っ子的な位置付けで
SDー1、BDー2といった偉大なる兄貴達と常に比較される苦労人的側面も持っています。

OD-3の特徴3つ

オーバードライブエフェクターのパイオニアであるBOSSが
王道のオーバードライブサウンドと銘打ってリリースしたOD-3。

では何をもって王道なのか

OD-3の特徴を3つ解説します。

低域から高域までバランスの良いサウンド

特に苦手とする帯域がなく、クリーンのアンプを十分に歪ませるだけのゲイン幅も持っているためメインの歪みとして頼りになるオーバードライブ。

歪みエフェクターをかけた際に失われがちなローミッドもしっかり残してくれるので
巻弦でのパワーコードやリフプレイもカッコよく演奏できる。

ロックなギタープレイがよく似合う
まさに王道なサウンド。

伸びるサステイン

コンプ感があるタイプで、ロングトーンが得意。

スライド、ハンマリング、プリングなどを多用する滑らかなレガートフレーズを演奏する際にも頼りになる演奏性。

そしてコンプ感があるとは言えギターのボリューム操作にもしっかり追従してくるので
手元でのゲイン操作も出来る。

ロックギターのテクニックをしっかり表現してくれると言った意味でも王道と言って差し支えないだろう。

癖がない

苦手な帯域が無くバランスが良いサウンドで
メインの歪みとしても、ブースターとしてもしっかり役割を果たす
様々なシーンにフィットするオーバードライブ。

裏を返せば一聴してODー3の音だと分かるほどの個性があるわけでは無いので
個性的なサウンドを求める場合は物足りない。

良くも悪くも王道なロックサウンドです。

他の現行BOSSオーバードライブとの比較

バランスの良さ、表現力、サウンド傾向

どこを切り取ってもしっかりロックギターが弾けるとった意味で王道なのだということがわかりました。

ここからは他のBOSSオーバードライブとの違いをチェックしましょう。

SD-1

ゲイン幅はOD-3の方が断然広いです

SD-1はチューブアンプの自然な飽和感を目指したサウンドなので歪み量はそれほど多くないのに対し

ODー3はよりゲインレンジが広く、深く歪みます。

SD-1はアンプに歪みをちょい足しするのにちょうど良く

OD-3はクリーンなアンプでも十分に歪ませる事ができると言う違いがあります。

それとSDー1はブースター的に使う事で真価を発揮するタイプなので

単体でも十分歪ませることが出来るODー3とは用途やターゲットが根本から違うようです。

価格はSD-1の方が圧倒的に安い

ODー3は¥9,900税込、SDー1は¥6,600税込

【BOSS SD-1】6600円で買える人気No.1オーバードライブ

BD-2

ゲイン幅はBD-2の方が広いです

ゲインの最大量は二機種ともさほど差がないのですが、
BD-2はほとんどクリーンの状態の音までカバーしています。

BD-2の方がピッキングニュアンスを拾いやすい代わりにODー3ほどのサステインはありません。

BD-2はドンシャリ傾向で鋭利なサウンド

OD-3はバランスが良く分厚いサウンド

コードバッキングやクリーンブースターとしても使いたい場合はBDー2

パワーコードやリフプレイはODー3に分がある印象

プレイスタイルによって得意不得意がはっきりしているある意味対極に位置する二機種。
ぜひ並べて試奏して違いを確かめてください。

価格は同等

【BOSS BD-2】入門者にもおすすめ!邦楽ロック必須エフェクター!

OD-1X

OD-1X

ゲイン幅はOD-1Xの方が広いです

ODー1XはBOSSのデジタルテクノロジーが惜しみなく注ぎ込まれた洗練されたモダンサウンド

ODー3の方はいい意味でダーティ感があり、ロックなサウンド。

OD-1Xは操作できるツマミが多いが、どの位置にセッティングしても成立するくらい音の品質が高い。

デジタルテクノロジーの片鱗を味わえるが、2EQ構成な分ちょっと理屈っぽく音を作る必要性がある。

ODー3はBOSSお馴染みの3ノブ構成だから直感的な操作に向いてる。

価格はOD-1Xの方が高い。¥16,500税込。

高いだけはあると言う印象。

先進的なODー1X、王道のOD-3

【OD-1X】モダンなオーバードライブといえばこれ!圧倒的な汎用性が長所で短所

総評

正直、他のモデルと比べると目立った特徴がなく地味な印象が強いのですが
他の機種の痒いところをカバーしていて
ある意味ではオーバードライブの基準点とも言えるようなサウンド

OD-3は深く歪み、コンプ感があるおかげで音量が揃いやすくパワーコードもカッコよく弾けるため、ビギナーにとっては良き相棒になるでしょう。

レーダーチャート

最後にGAINMAGの独断と偏見によるレーダーチャートによる評価です。

OD-3 レーダーチャート

バランスが良いサウンドであるが故に派手さは無くどちらかと言えば地味なキャラクター
その代わりあらゆるシーンで使用することができる汎用性があるため
派手さは低評価、汎用性は高評価

いつもの3ノブのBOSSコンパクトのデザイン。
あえて付け加えるならノブの天面が金色になっている。
これはOD-3とBD-2、BD-2W、TR-2など特定のモデルでのみ採用されている仕様で
ちょっとだけ特別感がある。
デザイン、サイズは中間点

入門オーバードライブと考えれば性能は申し分ない。
SD-1よりも広いゲイン幅とBD-2には無いコンプ感がハマればベストなBOSSコンパクト。
価格も約1万円と良心的
コスパは高評価

強めに歪ませたロックサウンドを目指すなら選択肢の一つにしよう

特にギター初心者、エフェクター初心者にとっては演奏しやすいサウンドなので
ぜひ一度店頭でこの王道のOver Driveを試して欲しい。

この記事が参考になったら嬉しいです。

プロフィール


吉田寛定
中学時代は吹奏楽に打ち込み14歳でギターに目覚め、高校入学後はバンド活動に明け暮れる。その後音楽の専門学校を卒業。アイドルのバックバンド、レコーディングに参加。商店経営、楽器店勤務、ギターインストラクターを経験。趣味は読書と格闘技観戦。

プロフィール
吉田寛定 中学時代は吹奏楽に打ち込み14歳でギターに目覚め、高校入学後はバンド活動に明け暮れる。その後音楽の専門学校を卒業。アイドルのバックバンド、レコーディングに参加。商店経営、楽器店勤務、ギターインストラクターを経験。趣味は読書と格闘技観戦。
エフェクターレビュー
吉田寛定をフォローする
GAINMAG

コメント

タイトルとURLをコピーしました